概要

サマースクールの概要

第16回免疫サマースクールは瀬戸内海にうかぶ小豆島で開催します。会場は、「オリビアン小豆島」で、小豆島の内陸にあるホテルです。

「3泊4日の泊まり込みで免疫学の大先輩や最先端研究者、若手ホープ達と共に免疫を学び、語り、さらに将来の免疫学を展望する」というこれまでの免疫サマースクールのポリシーを今年もしっかりと受け継いで開催します。

免疫初学者向けの「イントロダクトリーコース」や「スクールアシスタント制度」、オプションとしての「サマースクールインターンシッププログラム」も引き続き行っていく予定です。
学割制度もありますので、若手の皆さん、是非ふるってご参加ください。

【会期】
2014年7月28日(月) ~ 7月31日(木)
【会場・宿泊】
〒761-4142 香川県小豆郡土庄町屋形崎甲63-1
オリビアン小豆島
【参加費】
学生・大学院生 28,000円、社会人 35,000円 (スクールアシスタント(SA)は参加費2,000円割引)
【募集人員】
およそ90名
【申し込み期間】
2014年4月2日(水) ~ 6月3日(火)
【講師陣】
最新情報はメニューの「講師」をご覧下さい。
【オーガナイザー】
石井 健(医薬基盤研/大阪大)
渋谷和子(筑波大、教育推進委員会委員長)
反町典子(国立国際医療研究センター)
高井俊行(東北大)
高岡晃教(北海道大)
安友康二(徳島大、2014年オーガナイザー代表)
山崎 晶(九州大)